MOBOTIXJAPAN MOBOTIXとは   製品情報   導入事例   プレスリリース   イベント   ダウンロード   会社案内   お問い合せ
MOBOTIX JAPAN
 

製品情報

  Mx6シリーズ
  室内用カメラ

Indoor Hemispheric c26
Indoor Hemispheric i26
Indoor p26
Indoor Dome v26
全天候型カメラ2眼

AllroundDual M16
DualFlex S16
DualDome D16
Vandalism V16
Thermal M16
Thermal S16
サーマルテクノロジー
全天候型カメラ1眼

Allround Hemispheric
 Q26

Flex S26
Allround M26
Dome D26
IP Video Door Station T25
 

MOBOTIX MOVE

ONVIFカメラ

MOBOTIX MOVE
 

ソリューション

LTOテープアーカイブ
 ソリューション
 TapeViewMX

防爆エリア対応監視
録画 NAS/
 ストレージサーバー

連続録画対応
 microSDカード

VMS/NVR
NEC顔認証システム
 導入セット+MOBOTIX

 

アクセサリー

ハウジングオプション
拡張モジュール
屋外用電源ボックス
 MxSplitProtect/
 MxSplitProtectHR

赤外線投光器
 MxIRLight

  メディアコンバーター
Mx2wire+ PoE
MediaConverter

管理ソフトウェア
Power Adapter PoE Set
その他のアクセサリー
  コンセプト  
録画容量試算ツール
facebook google+
twitter 

  MOBOTIX JAPAN

〒231-0011
横浜市中区太田町6-85
RK Cube 4F

RK Cube 4F 6-85
Otamachi Naka-ku Yokohama-shi
Kanagawa
231-0011 JAPAN

TEL. 045-227-6174
Fax. 045-227-6286
cam-sales@mobotix.jp
www.mobotix-japan.net


このサイトはMOBOTIX AGのウェブサイトではなく、MOBOTIX JAPANを運営するMOBOTIX日本総輸入販売代理店のK.J.フェローが運営するサイトです。

 
 
製品情報
MxThinClient
MxThinClient
カメラとドアステーションのライブ画像をモニター/TVで表示するためのIPビデオ・インターフェイス
MOBOTIXカメラ(モデルx24、x14以降)のライブ画像を表示する非常にシンプルでコンパクトなソリューションです。 HDMIコネクターとPoEネットワーク・デバイスであるMxThinClientを利用してモニターやTVに表示します。そのために、 MxThinClientは表示するカメラが接続されているスイッチの空いているPoEポートにネットワーク・ケーブルを接続する だけです。MxThinClientとモニターはHDMIケーブルで接続されます。もし追加のルーターがスイッチに接続されているな ら、ダイナミックDNSサービス経由でインターネットにアクセスできる遠隔のカメラは、MxThinClient統合されモニター に表示することができます。
優位点
  • 一台または複数台のMOBOTIXカメラのライブ画像、あるいは接続されているウェブサーバーの画像をモニター/テレ ビ上に、常時または制御されたルーピング・シーケンスで表示。
  • 直近のイベントのカメラ画像を表示。例えば、モーション検知など。
  • たった2Wの消費電力でライセンス無し、メンテナンス・フリー。
  • 電源不良ごの信頼性の高い自動スタートで安定起動。カメラ接続の切断をスクリーン上に表示。


応用例
  • 小売店での顧客の行き来で利用。例えば、お客様に使用中の映像監視システムを確認してもらうために入り口エリアに設置。(盗難防止)
  • 広告や情報(接続されているウェブサーバー/FTPから、録画されたそれ自身のイメージファイル)によるビデオ・シーケンスへの割り込み
  • シンプルでライセンス・フリーな安全活用の履行と、ビデオ機材のオペレーションが必要ない場合やライブ画像のみ表示される場合のビデオ・ウォール
  • MxThinClientは、MxMessageSystemを利用してネットワーク・メッセージ(これはキャプチャーされた動きによるもの)を最後に送信したカメラに自動的に切り替えることが可能
  • プライベート使用において、コンピュータ、タブレットあるいはスマートフォンを必要とせず、TV上にドア・ステーションあるいは庭に設置したカメラのライブ画像を素早くチェックするため



MxThinClient:テクニカルデータ
製品名MxThinCllen
MOBOTIX注文番号Mx-A-TCLIENTA
環境温度0~40℃
IP等級IP20
IK等級保護なし
使用目的爆発の危険があるエリアでの使用不可、保護された屋内エリアでのみ使用
寸法25 x 100 x 80mm
重量125g
接続
  • In: 1x イーサーネット1OOBase-T(RJ45)
  • Out 1x HOMI Type D(MicroHDMI)
電源PoE IEEE802.3af
消費電力2W
サポートしているビデオソースMOBOTIXカメラソフトウェア・バージョン4.4.X と5.0.x、
ビデオ• コーデック: MxPEG
最大フレーム・レート42fps (Mx6カメラ使用、画像プログラム"Fast"選択時)
入力(イーサネット):
サポートしている表示モード
Hemisphericを含むシングルレンズ・カメラ:
全ての表示モード
デュアルレンズ・カメラ、カメラ選択”両方":
”パノラマ”以外の全ての表示モード
注意:カメラで現在設定されている解像度で画像が表示されない場合、MxThinClientはウェブ・インターフェイス経由で設定できるカメラから低い標準解像度(YGA、SVGA、HD、FullHD)を取り出します。
出力(HDMI):
サポートされているモニター画像サイズ(調整可能ではない)
640x480p@59.94/60Hz 4:3 •720x480p@59.94/60Hz 4:3 •720x480p@59.94/60Hz 16:9 •1280x720p@59.94/60Hz 16:9 •1920x1080i@59.94/60Hz 16:9 •20(1440)x480iH@59.94/60Hz4:3 •720(1440)x480iH@59.94/60Hz 16:9 •20(1440)x240pH@59.94/60Hz4:3 •720(1440)x240pH@59.94/60Hz 16:9 •1440x480p@59.94/60Hz 4:3 •1440x480p@59.94/60Hz 16:9 •1920x1080p@60Hz 16:9 •720x576pH@50Hz 4:3 •720x576pH@50Hz 16:9 •1280x720p@50Hz •1920x1080p@50Hz •720(1440)x288pH@50Hz 4:3 •720(1440)x288pH@50Hz 16:9 •720(1440)x576pH@50Hz 4:3 •720(1440)x576pH@50Hz 16:9 •1920x1080p@50Hz •1920x1080p@23.98/24Hz •1920x1080p@25Hz •1920x1080p@30Hz •1280x720p@100Hz 16:9 •280x720p@119.88/120Hz 16:9

注意:デバイスが上記フォーマットをサポートしていない場合、画像は表示されない可能 性があります。
オーディオ・トランスミッション
LED/コントロール
ハウジングポリカーボネート、色:黒
マウント・オプション接着、ボルト留、あるいは固定(自由に設置):MOBOTIXは最多大5mmのネジ部の径で最大10mmのネジ頭の平頭ネジの使用を推奨します。
標準アクセサリーモニター/TVウォールにマウントするための両面粘着ストリップ
ソフトウェア機能(リリース・バージョン)
  • 1台のカメラのライブ画像の表示
  • ウェブサーバー上に保存された画像ファイルの表示(*.jpg/.png、最大10MB)
  • 個々に調整できるカメラあるいは画像表示の持続でカメラと画像のシーケンス
  • MxMessageSystemによるイベント制御のカメラと画像の変更
  • MxThinClientはDHCP クライアントあるいは固定IPアドレスで使用
  • 調整可能なNTPタイム・サーバー
  • カメラによるMxThinClientへ転送された最大画像フォーマットの選択
    (オプション:VGA、SVGA、HD、Full-HD)
デバイス・ソフトウェアバスワード保護されたウェブ・インターフェイス、インターネット・ブラウザー経由で の設定とオペレーション、6ケ国語オプションのユーザー・メニュー;ドイツ語、英語、 フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語
認定EN55032:2012; EN55022:2010; EN55024:2010; EN50121-4:2015; EN61000-6-1:2007; EN61000-6-2:2005; EN61000-6-3:2007 + A1:2011; EN61000-6-4:2007'+ A1:2011; AS/NZS CISPR22:2009+ A1:2010; CFR47FCC part15B
プロトコル1Pv4、HTTP、HTTPS、NTP、HDMI 1.4、FTP、FTPS
MTBF80,000時間以上



Topics

重要なご案内

MOBOTIXカメラ初期接続時のパスワード変更が必須になりました。

MOBOTIXカメラ一部商品につきまして、カメラ本体へのレンズ組込が必要となります。

MOBOTIX録画スケジュール設定に関する報告とお願い。

MOBOTIX JAPANでは、毎月テクニカルセミナーを開催しております。


MOBOTIXとは
ーMOBOTIXカメラシステムの優位性を追加しました


News

注意

2015/5月頃より出荷している製品は、新しい基板で製造されております。新基板を搭載している製品に関しては、ファームウエアのダウングレードが不可能なため、新しいファームウエア(V4.3.2.68以降)にてご使用頂きますようお願いいたします。



2018.8.23
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.1.0.99.r3を公開致しました。


2018.7.25
新製品情報2018年6月/7月


2018.6.29
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.1.0.99を公開致しました。


2018.6.26
MxManagementCenter 1.8を公開致しました。


2018.6.26
MxControlCenter 2.5.4.5を公開致しました。


2018.6.14
新製品情報2018年5月


2018.2.28
新製品情報2018年2月


2018.2.20
MxManagementCenter 1.7を公開致しました。


2018.2.19
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.0.2.14を公開致しました。


2017.12.26
新製品情報2017年11月


2017.12.12
6メガピクセルカメラ、5メガピクセルカメラ対応 ソフトウェアV4.4.2.73を公開致しました。


2017.12.12
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.0.1.53を公開致しました。


2017.12.12
MxDisplay+用ソフトウェアV2.3.0.28を公開致しました。


2017.9.13
MxDisplay+用ソフトウェアV2.3.0.19を公開致しました。


2017.9.1
新製品情報2017年8月


2017.8.28
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.0.0.133を公開致しました。


2017.8.21
販売終了製品とサービス終了製品のお知らせ


2017.8.3
MxManagementCenter 1.5を公開致しました。


2017.8.2
6メガピクセルカメラ、5メガピクセルカメラ対応 ソフトウェアV4.4.2.69を公開致しました。


2017.8.1
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.0.0.130を公開致しました。


2017.6.22
新製品情報2017年6月


2017.6.22
新製品情報2017年4月


2017.6.7
新製品情報2017年5月


2017.5.17
Mx6シリーズ対応 ソフトウェアV5.0.0.127を公開致しました。


2017.5.17
MxManagementCenter 1.4を公開致しました。


過去のNews一覧は
こちら>>